gototopgototop

菓匠 宮川のこだわり

菓匠 宮川 HOME > 菓匠 宮川のこだわり

菓匠 宮川のから一言

私共宮川製菓協業組合は、お蔭様で平成24年(2012年)をもちまして創業110周年を迎えます。その間、様々なプロセスはありましたが、一貫した我組合の根幹を支えたものは、最もおいしい状態で味わえるよう厳正な品質管理のもと製品の改良、開発に勤めてまいりました事です。

明治35年の創業以来、和菓子、洋菓子、菓子パンを基礎としまして発展し、現在では、観光土産商品を中心に努力を致しております。

平成13年(2001年)3月末には、直営店「菓匠 宮川」をOPENさせ、皆様に喜ばれる商品を提供し続けたいと考えております。

今後も常にその時代のニーズにあった、しかも信頼されるに値する高品質の製品造りを目指し、なお一層、研究、開発に励んでまいる所存です。

今後とも末永く「宮川製菓協業組合」「直営店 菓匠 宮川」をご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

素材と製造法にこだわる

水当店では、菓子作りに欠かせない、水にもこだわりを持っております。

水は専用機を使用し、硬水から軟水にかえて安全で美味しい水に変化させ、菓子を製造しております。素材は地域に根付いたものを活かして菓子を作ることにこだわりをもっております。

日本本来の素材を活かした調理法で素朴な味を最大限に活かすことが最大の特徴でもあります。

和洋折衷への想い

店主(代表)自ら、新しい味を考案し、商品作りを行っております。元々、和菓子中心だったものに対し、時代のニーズに応えるために、洋を取り入れた和洋折衷を感じさせる菓子作りは、作り手の強い熱意、進化したいという想い、そして斬新な企画から生まれた。

これからも進化を続けたい。そんな想いで商品と向き合っております。